汗かきの原因はいろいろ!あなたの汗かきの原因は?

汗っかきになってしまう体質には、複数あります。よく知られているのは肥満ですね。脂肪は、内側にとっては断熱材なので、中にこもった熱が中々出ていきません。そこで、大量に汗をかいて、汗が蒸発する時に周辺の熱を奪う気化熱効果を利用するのです。

 

また、反対に痩せているのに汗かきという人もいます、多いのは筋肉質でスポーツを好む人です。こういう人は、代謝が良くて、取り入れたカロリーが直ぐに筋肉で消費されて熱に代わります。ですから、体温を下げる為に、汗を沢山かいて、体温調整を行っているのです。

 

北国出身の人が、急に、暑い地域に引っ越した場合なども、体が高温になれていないので、汗が多量に出ます。これは、長年、住み続ける事で、次第に体が慣れていき、改善されていくケースが多いようです。

 

 

また、汗かきの原因には、体質ばかりではなく、体内の病気が反映されている事もあります。臓器のトラブルによって、体に変調が起きて、急に汗の量が増えてしまったという方は注意が必要です。

 

更に、汗かきには精神的なトラブルも上げられます。不安や恐怖心、イライラ、クヨクヨ、ドキドキは、心拍数を上げて脈拍を速くします。これにより副交感神経が乱れてしまい、さらっとしていない、ベトベトな嫌な汗をかきます。

 

このような心理的な汗かきを多感症といっていて、近年は増加する傾向にあるようです。汗が出る場所も顔、腋の下、手の平、というように体の特定の部分に偏りがちなので、特定できやすいです。もっとも、特定できたからと言って、心理的な汗かきがすぐ解消されるというわけではないので厄介なのですが・・・。

 

こちらではこういった汗かきの詳しい原因について、まとめてみました。汗かきを解消する為に、まず自分の汗かきの原因を探ってみましょう。

 

汗かきの原因記事一覧

息詰まる展開で目が離せなくなる場面を見た時など、手に汗握るなんていいますよね。良質のサスペンスや、推理ドラマ、ホラーなどは、熱中して見ていると、手の平が湿ってきます。それから、スポーツもそうですね、サッカーや野球のようなスポーツは筋書きがないだけに、尚更そうです。例えば、野球の9回2アウト二死満塁で、一発ヒットが出れば、逆転サヨナラというような場面は、野球が分かる方も、分からない方も手に汗握るとい...

汗かきの原因には、メンタル面を理由とするものが多いですが、それには自律神経のトラブルが多いようです。自律神経とは、名前から分かるように、心拍とか消化、呼吸のように、人間の意志とは関係なく働いている部分を管理している神経です。この自律神経には、交感神経と副交感神経があり、起きている時と寝ている時で、入れ替わります。交感神経は興奮系で、副交感神経は、リラックス系と考えて差し支えありません。人間は起きて...

人間には、トラウマというのがありますよね、例えば、オートバイに轢かれそうになったという記憶から、バイクのエンジン音を聴くと、嫌な気分になるとか。子供の頃は歌が大好きでよく歌っていたけど、クラスメイトに笑われて以来、トラウマになり歌わなくなったとか。実は、汗かきという症状にもそういうようなトラウマ、メンタル面の問題があります。そういった汗かきに悩んでいる人は、かなり前から症状に悩んでいる場合も多く、...

手足が冷え切って、寒くて、たまらない冷え性と、汗がどんどん出る汗かき、ですが、両者には共通点があるのです。実は、汗かきで暑がりな人には、冷え性を抱えている人も多いそうなのです。普通の人は、運動をした場合などに汗をかくのですが、汗かきの人はそうではありません。何もしなくても、突然汗が出て来るような事まであります。これは、ある種のストレスが引き金になっていて、ストレスに対応しようと、体は汗をかいて体温...

よく汗かきは遺伝するという話を耳にしますが、それって本当なのでしょうか?人の体質は両親の遺伝子の影響を受けていますから、かかりやすい病気などは似て来るという事は当然あります。ですが、考えてみると、汗かきは、上がった体温を下げるという体温調節機能で、病気ではありませんよね?ですから、汗かきが遺伝するという事はないと考えられと思います。ただし、厳密な意味での汗かきではないとしても、生活習慣の延長線上で...

実は、汗かきは病気のサインになっている事もあるようです。例えば、体から緑色の汗が出るという方には、緑膿菌感染症の恐れがあります。緑膿菌というと、恐ろしげな名前ですが、どこにでもいる常在菌です、ただ、体の免疫力が低下していると体内で増殖します。緑膿菌が身体中にまわると菌血症になり死に至る場合もあるので注意が必要です。通常の免疫力があれば、そうそう増殖するような細菌ではありませんが、もし緑色の汗をかい...