汗かきを改善するには、昔のような生活を送ると良い?!

毎日、毎日、大量に出て来る汗、これをいい加減に解消したい、そう思っている方は多いと思います。でも、どうすればよいかは分からない、そんな方は、昔の知恵に習ってはいかがでしょうか?江戸時代には、今日よりも平均気温が低かった事もありますが、現代のような極端な汗かきはいなかったようです。

 

それは、電化製品が無かったので、夏は暑く、冬は寒いという自然のサイクルに逆らわなかったからです。そうすると、体に元々、備わっている汗腺の体温調節機能が鍛えられていきます。それにより、体が暑さに慣れていき、大量の汗をかかないで済んでいたのです。

 

 

まずは、クーラーに頼り過ぎる生活から、改めてみましょう、せめて昼頃までは、クーラーを稼動させない事です。そして、庭先に水をまいたり、窓にはすだれを掛けるなどして気温を下げる工夫をしましょう。

 

最初は、汗がだらだら流れて不快かも知れませんが、塩とクエン酸、水分を補給しながら耐えましょう。出来れば、暑い時間帯は動かず昼寝をするのもオススメです、人は眠ると体温が1〜2度下がるからです。

 

 

外から風が入ってこない場合に、使える扇風機の裏ワザ

「扇風機を回しても、風が吹かないから、暑いだけ、、」そのような場合には、扇風機を活用した裏技を使いましょう。

 

まず、家の周囲の窓がある当たりに打ち水をして、温度を下げます。それから、対角線上にある、家の窓を2箇所開けて、扇風機を、窓の側に向けて回します。

 

 

こうすると、室内にある熱風が家の外に排出されて、代わりに気化熱により冷やされた空気が家に入ってきます。ようするに風が入ってきて、気温が下がってくるのです。

 

それから、夏野菜を好んで食べるのも、体温を下げて、涼しい気分にさせてくれますよ。
ほんの少し我慢する事で、体が本来持っている体温調節機能が甦るんですね、省エネにもなりますし、やってみる価値はあります。

関連ページ

代謝がいいとは限らない?!
汗かきでも「代謝がいいから」と思えば、健康的な気がしますが、汗かきでも代謝が良くて汗かきとは限らないようです。肥満の汗かきと代謝が良い人の汗かきの違いとは・・・
簡単な汗かき対策
食事やお風呂の方法など、自分でも簡単にできる汗かき対策を集めてみました。汗かきで悩んでいる人は必見です。
子供が汗かきなのは何故?
小さい子供でも赤ちゃんでも、子供はみんな汗きですよね。寝ているだけでも大量に汗をかいています。子供が汗かきの理由って・・・
芸能人で汗かきなのは?
テレビをつけていると、芸能人でもこの人よく汗かくなあと思ってしまう人たまにいますね。汗かきの芸能人を思い浮かべてみました。
「汗かきすぎる!?」人が知るべき6つの事!
人間暑ければ誰しも汗はかくものですが、「自分って汗かきすぎ?!」って思うくらい、異常なほどの汗かきは、深刻な悩みにもなります。そんな悩みを解消するとっておきの改善方法とは…
化粧崩れ防止におすすめの方法!
女性で汗かきの場合困るのが、顔汗による化粧崩れ。汗のせいで、ばっちりメイクも水の泡に・・・。化粧崩れをできるだけ防ぐために、普段のスキンケアやメイク方法を少し工夫してみましょう!