自分できる簡単汗かき対策の方法とは!

汗かきの対策としては、どういうものがあるのでしょう? 体質が急には変わるものではないとしても、汗ダラダラは、本人も周囲を見ていて気持ちの良いものではありませんよね。

 

そこで、汗をかきにくくする方法としては、汗が出やすい部分を冷やすという方法があります。それは、5箇所存在していて、
@首の後ろ、A左鎖骨下、B脇、C太股の付け根、Dひざ裏です。

 

これらの部分を、保冷効果のあるアイテムで冷やすか、ハンカチを冷水にさらして絞って、当ててみましょう。汗がスッと引いていくのが実感できると思います。

 

 

また、外から冷やすばかりではなく、体内から汗を引かせる方法もあります、それがクールベジタブルです。これは体内から熱を逃がしてくれる野菜の事で、カリウムと水分を多く含む野菜の事です。

 

ナスやトマト、キュウリ、ズッキーニ、ゴーヤ、スイカ、レタスというような夏が旬の野菜が多いです。また、豆類は汗をかいてもベタベタしない、サラサラ汗に代えてくれるのでオススメです。

 

 

お風呂で出来る汗を抑える対策

 

汗かき対策には、入浴時の半身浴が効果的であると言われています。半身浴は、汗を出す汗腺の働きを改善するのに効果があるからです、暑い日には、体を冷やすミントの香りの入浴剤もいいでしょう。

 

また、もったいないという抵抗感が無いのであれば、緑茶パックを2〜3浴槽に入れるという方法もあります。緑茶には、殺菌と消臭の効果があり、緑茶のお風呂に入ると、風呂上がりにもジトジトせずサッパリします。

 

 

もうひとつ以外なアイテムとしては、酢酸があります。酢の効果が、皮膚の雑菌の繁殖を抑えてくれますし、汗のニオイの原因とされる乳酸も酢のクエン酸が抑えると言われます。量の目安としては、湯船に150CCの酢を入れてかき混ぜる、ただこれだけですから簡単です。

 

いかがでしょうか?これ位ならば、汗かき対策として明日からでも使える方法ですよね?

関連ページ

代謝がいいとは限らない?!
汗かきでも「代謝がいいから」と思えば、健康的な気がしますが、汗かきでも代謝が良くて汗かきとは限らないようです。肥満の汗かきと代謝が良い人の汗かきの違いとは・・・
昔ながらの汗かき改善法
汗を大量にかくというあなた。その汗かきを改善するには、昔の生活がカギになるかもしれません。昔の知恵に習う汗かきの改善方法とは・・・
子供が汗かきなのは何故?
小さい子供でも赤ちゃんでも、子供はみんな汗きですよね。寝ているだけでも大量に汗をかいています。子供が汗かきの理由って・・・
芸能人で汗かきなのは?
テレビをつけていると、芸能人でもこの人よく汗かくなあと思ってしまう人たまにいますね。汗かきの芸能人を思い浮かべてみました。
「汗かきすぎる!?」人が知るべき6つの事!
人間暑ければ誰しも汗はかくものですが、「自分って汗かきすぎ?!」って思うくらい、異常なほどの汗かきは、深刻な悩みにもなります。そんな悩みを解消するとっておきの改善方法とは…
化粧崩れ防止におすすめの方法!
女性で汗かきの場合困るのが、顔汗による化粧崩れ。汗のせいで、ばっちりメイクも水の泡に・・・。化粧崩れをできるだけ防ぐために、普段のスキンケアやメイク方法を少し工夫してみましょう!