汗かきの解消・治療法

真夏が近づくと、皆さん、多かれ少なかれ、汗をかく量が増えてきます。それは、気温が上昇して、体温が上がってくるのを抑える為のいわばラジエーター機能です。

 

汗は乾いて気化する時に体周辺の熱を奪います、これを利用して体は高くなりすぎた温度を下げます。

 

 

しかし、汗っかきの人の場合には、汗がドンドン出て、真夏は不快極まりない時期になってしまいますよね。汗には、出る場所によっても問題になります、上半身とか下半身ならば、そこまで仕事に支障はありません。

 

ですが、例えば、顔にばかり汗をかく、腋の下や手の平や腕ばかりに汗をかく人もいます。この人がデスクワークだった場合には、パソコンを触ると多量の汗でキーボードが故障しやすくなったり、書類を書いていても、手の汗で書類がグチャグチャになってしまう場合もあるのです。

 

 

こんな風にプライベートだけでなく仕事にも影響を及ぼしてしまうことがある汗かき。治すことができれば、汗かきの人にとってそんな嬉しい事はありません。こちらでは治療法や解消法についてまとめてみました。

汗かきの解消・治療法記事一覧

真夏は、汗かきの人にとっては、非常に憂鬱な時期ですよね? 特に女性は、化粧というものをします。ばっちりメイクできれいにしていても、、汗で崩れてしまったら、折角の機会が台無しになりかねません。男性であっても、仕事で大事な商談の時や会議の時など、汗をかいているとあせっているようにも見えるので、汗をかかないにこしたことはないでしょう。そんな場合に一瞬で、汗を止める方法がないものか? そこでオススメなのが...

汗を一時的に抑える方法はいくつもありますが、いずれも短期間で終わるものが多いですよね。そこで、汗腺を鍛える事で、汗をかきにくくして夏を快適に過ごせるという方法があります。方法は、お風呂に入り体の内側を温めるという方法、長い時間汗腺を開かせて汗をかくようにします、その後は、汗の蒸発により体を冷やします。具体的な方法としては、・43〜44度の熱いお湯にヒザから下を10〜15分浸す。・36度程度のぬるい...

汗を多くかくのは健康な証拠だから大丈夫と思っていませんか?それは時と場合にもよりますよ。例えば、少ししか動いていないのに、汗をかく、或いは全く動いていないのに汗をかくのは、大人の場合には注意が必要です。それはぽっちゃり肥満と呼ばれる症状で、生活習慣の乱れによって消化吸収機能に狂いが生じ、さらにアルコールや清涼飲料を飲み過ぎると、体が重くなったり、水が溜まったりして肥満が現れてきます。漢方の見立てで...

汗をかく原因には、汗をかきやすい食べ物をよく食べているという原因もあります。脂質などはそうで、焼き肉を食べていたりすると、汗が吹き出してくるのが分かるでしょう。また、香辛料がたっぷり入った食べ物も、体温を上げてしまい、汗が出るのを促進してしまいます。時には、体力を補給してスタミナを付ける為に、焼き肉や辛い食べ物もいいのですが、汗をかいてはいけない時には、一体どういう食事を摂ればいいのでしょうか?そ...

人間には、代謝という機能があります。その為に必要なエネルギーを熱として燃やして、細胞を動かしているのです。これは、体内にある酵素の働きとして行われていますが、年中食べて、運動しないと酵素の働きは消化に取られてしまいます。そうすると代謝に使われる酵素の働きは低下して、エネルギーは使われないまま、脂肪として貯蔵されます。これが繰り返されると、脂肪がどんどん蓄積されて肥満してしまうのです。脂肪は、脂の断...

汗っかきを治すには、運動や、汗を沢山だして、汗腺を鍛えて、少しの運動では汗をかかないようにするなど色々あります。もちろん、その中には、薬による治療方法もあり、それは、漢方薬が圧倒的に多いようです。漢方薬での治療は「体の汗腺をコントロールする力を高めて、自律神経のバランスを整えて、水分の代謝を活発にする」という事です。汗かきの人は、通常から大変な量の汗をかいているような印象があります。しかし、それは...

汗をかくくらいで、病院というと、大袈裟という印象を持たれる方もいると思いますが、汗かきの方には切実な問題です。ただし、汗かきと言っても、その原因で考えると、様々な理由が考えられるので、どこの病院を受診してもOKではありません。汗かきの原因になるピントを外してしまっている場合には、治療してもらっても効果がないという事にもなるのです。汗かきには、精神的な原因もあれば、肥満によるものもあり、内臓や甲状腺...