病院で汗かきを治す方法って?何科を受診すればいいの?

汗をかくくらいで、病院というと、大袈裟という印象を持たれる方もいると思いますが、汗かきの方には切実な問題です。

 

ただし、汗かきと言っても、その原因で考えると、様々な理由が考えられるので、どこの病院を受診してもOKではありません。

 

汗かきの原因になるピントを外してしまっている場合には、治療してもらっても効果がないという事にもなるのです。

 

 

汗かきには、精神的な原因もあれば、肥満によるものもあり、内臓や甲状腺異常のような内的な事が理由の場合もあります。ですから、病院であっても、内科や皮膚科、皮膚泌尿器科や精神科が該当します。

 

自分でも、汗かきの原因が分からない場合には、これらの科を受診して、原因を特定するのがベストではないでしょうか?

 

 

病院での治療方法とその効果

 

では、病院を受診した場合には、どのような治療を行うのでしょうか?

 

まず、第一の治療としては、外用薬を使用する方法があります、これには塩化アルミニウムや塩化ベンザルコニウムを塗ります。また、水道水イオントフォレーシスという治療法もあります、これは水道水に汗をかく部分を接触させて電気を流す方法です。

 

ボトックス治療というものも最近は有名ですね、汗をかく、腋から、ボツリヌス毒素を注射して汗を止めます。もっと本格的になると、胸部交感神経節遮断術という外科手術がありますが、これは神経を切断して汗を出す神経を止めてしまいます。

 

 

しかし、これらの治療法には、共通したデメリットが存在します。それは、治療した部分からは、汗が減少しても、それ以外の部分から汗が出てしまうという事です。

 

そもそもが、どうして、汗が沢山でてしまうのか?という根本原因を追及せずに、汗が出る部分を治療しても、結果として、他の部分から、余った汗が出ていってしまうという事なんです。

 

希望の場所から汗が出なくなるから満足という人の場合はいいですが、それ以外の方の場合は、病院へ行ったからといってすっきり解消というわけにはいかないかもしれませんね。

 

関連ページ

ツボ
簡単に汗を止める方法の一つとしてツボ押しがあります。お金もかかりませんし、重要な仕事前や大事なデート前など、いつでも簡単にできるので、覚えておくと便利です。
汗腺トレーニング
悪い汗、汗の臭いの原因として汗腺機能の衰えが挙げられます。汗腺トレーニングでこれが良い汗に帰る事ができるそうです。この汗腺トレーニングで汗かきも治すことができるのでしょうか・・・。
サプリ
汗かきの対処法としてできる事といえば、制汗剤やスプレーを使うことが一般的に知られていますが、内側から働きかけるサプリメントはないのかな?と思って調べてみました。
食べ物
食べ物によっても汗の量は変わります。辛いものを食べると汗が吹き出ますよね。では、汗かき予防ができる食べ物にはどんなものがあるでしょうか。
運動
汗かきの人が運動すれば、汗をかくのは当たり前ですよね。でも、汗をかかないために、運動を避けたいというのはちょっと違うかも。汗かきを改善するために、運動することは重要なんです。
汗かきの治療法の中には薬によって汗を抑えるという方法もあります。汗かきを改善する為にどんな薬が使われているのでしょう。