汗かきさん必見!汗腺を鍛える汗腺トレーニングの方法とは?

汗を一時的に抑える方法はいくつもありますが、いずれも短期間で終わるものが多いですよね。そこで、汗腺を鍛える事で、汗をかきにくくして夏を快適に過ごせるという方法があります。

 

方法は、お風呂に入り体の内側を温めるという方法、長い時間汗腺を開かせて汗をかくようにします、その後は、汗の蒸発により体を冷やします。具体的な方法としては、

 

・43〜44度の熱いお湯にヒザから下を10〜15分浸す。

 

・36度程度のぬるいお湯に10〜15分全身を浸す。

 

・お湯から出て体の水分を拭き取り、エアコンの効いてない場所で服を着ずに汗を自然乾燥させる。

 

・肌を乾燥させている時は、黒酢やリンゴ酢を飲んで、クエン酸や水分を補給します。

 

クエン酸には、細胞を活性化させる効果があるので、代謝を上げる効果があるようです。このお風呂で汗腺を鍛える方法は継続する事で、汗かきが改善される事もあるそうですよ。

 

隠れ肥満にご注意を!

 

ちょっとした事で汗をかいてしまい、肌着を着ていても、汗が上着に染み出てくる。そのような汗かきさんの場合には、特に、営業職や接客業に従事している場合の不利益が高くなってしまいますよね?

 

また、一度、汗で恥ずかしい思いをしてしまうと、今度も同じようになるのではないか?という恐怖心や不安に駆られてしまい、それが緊張を呼び起こして、あせをかいてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

汗かきには、複数の原因がありますが、その中には、肥満というキーワードが含まれているケースがあります。すると、「私は痩せているのにどうして?」と考えてしまう人もいるでしょう。

 

しかし、肥満には目で見えるような肥満と内臓に脂肪がつく隠れ肥満という存在があります。このような、場合でも、脂肪が断熱材の働きをして、体内に熱を貯めてしまい、体温を下げる為に汗が沢山でる事になるようです。

 

 

そもそも隠れ肥満でも、そうでない肥満でも原因は、カロリー過多にあります。つまりは、摂取カロリーが消費カロリーよりも多い、つまりは運動不足なんですね。

 

このような場合には、汗をかいて汗腺を鍛え、そして体脂肪を減らして、体内の断熱効果を解消する必要があります。

 

汗腺トレーニングの効果とは?

 

汗腺というのは、不思議なもので、通常から汗を排出していると、次第に慣れていきます。そして、ちょっとやそっとの運動では、汗をかかなくなっていくのです。

 

それに加えて、汗の質も変化していき、ドロドロでネバネバ、ニオイの強い汗から、サラサラの汗へと変わります。ですので汗腺トレーニングで汗腺を鍛えることが、汗かきにおすすめなのです。

 

 

先ほど紹介した方法の他に、オススメの運動としては、ウォーキングのような有酸素運動が最適です。ゆっくりと30分程度、歩く事によって、脂肪を燃やし、汗を大量にかいてから入る風呂は格別です。

 

それに、ほどよい疲れは、眠りを誘いますから、快眠にも結び付き一石二鳥の効果がありますよ。

 

関連ページ

ツボ
簡単に汗を止める方法の一つとしてツボ押しがあります。お金もかかりませんし、重要な仕事前や大事なデート前など、いつでも簡単にできるので、覚えておくと便利です。
サプリ
汗かきの対処法としてできる事といえば、制汗剤やスプレーを使うことが一般的に知られていますが、内側から働きかけるサプリメントはないのかな?と思って調べてみました。
食べ物
食べ物によっても汗の量は変わります。辛いものを食べると汗が吹き出ますよね。では、汗かき予防ができる食べ物にはどんなものがあるでしょうか。
運動
汗かきの人が運動すれば、汗をかくのは当たり前ですよね。でも、汗をかかないために、運動を避けたいというのはちょっと違うかも。汗かきを改善するために、運動することは重要なんです。
汗かきの治療法の中には薬によって汗を抑えるという方法もあります。汗かきを改善する為にどんな薬が使われているのでしょう。
病院
汗かきを治す方法として病院での治療という選択肢もあるようです。その際は何科で受診するのでしょうか?また、病院での治療方法とは・・・