薬で汗かきを治す?!薬の種類と効果は?

汗っかきを治すには、運動や、汗を沢山だして、汗腺を鍛えて、少しの運動では汗をかかないようにするなど色々あります。もちろん、その中には、薬による治療方法もあり、それは、漢方薬が圧倒的に多いようです。

 

漢方薬での治療は「体の汗腺をコントロールする力を高めて、自律神経のバランスを整えて、水分の代謝を活発にする」という事です。汗かきの人は、通常から大変な量の汗をかいているような印象があります。

 

しかし、それは、間違っていて、汗をかくところでかかなかったり、反対にかくところではないのに発汗したりします。それは、体内の体温調節機能や自律神経に問題がある為で、漢方は服用する事でそれを改善するのです。

 

 

しかし、これは漢方薬全体に言える事ではありますが、漢方薬には即効性がなく、効果も緩やかです。効き目がないからといって、直ぐに止めず、持続して使用することで効果がでてくると思います。

 

また、漢方薬は、文字通り薬なので、服用する時には医師や薬剤師に相談する事をオススメします。特に妊産婦の方は、薬による胎児への影響を考えて、やはり医師の相談を受けて使用しなければいけません。

 

 

汗かきを改善する漢方薬

黄連解毒湯

漢方薬には、様々な種類があります、例えば「黄連解毒湯」という漢方薬は体の熱や炎症をとって、機能を鎮める働きがあります。

 

主に、体力があるのでのぼせ気味の方や血圧が高めの方には効果が高いです。それ以外にも、のぼせや、ほてり、イライラ感、緊張感、不眠、動悸などに適応する漢方薬です。

 

 

黄連解毒湯の主成分は、黄連(おうれん)黄ごん(おうごん)黄柏(おうばく)山梔子(さんしし)の4種類があり、これらの成分が複合して働く事によって、汗かきに悩んでいる方の症状を緩和させていきます。

 

 

衛益顆粒

漢方では、汗がだらだらと出てしまう症状は、体表を防衛する皮膚温度調節機能が弱いと考えています。

 

また、汗は津液という体にとって有益な水分の一部で体の隅々を潤し、滋養作用を持っている大切なものです。これが、大量に出てしまうのは、体の発汗調節が出来ていないという事で、体が不健康である意味です。

 

そこで、衛益顆粒がお役に立ちます、この漢方薬は飲みやすく、服用すると2週間程度で、手や顔の大量の汗が減少し、さらに2カ月服用すると、デスクワーク中に、手や顔の汗を全くかかなくなったそうです。

 

この、漢方薬には「黄耆」という成分が含まれていますが、これは高麗人参と同じような滋養強壮効果があります。局所的な大量の汗に悩んでいる方は、衛益顆粒がいいかもしれません。

 

 

 

漢方薬を煎じるのが面倒臭いという方、これらの漢方薬は、病院でも処方されています。乾燥エキスが用いられていて手軽に飲めますから、関心のある方は、お近くの病院を受診してみましょう。

 

関連ページ

ツボ
簡単に汗を止める方法の一つとしてツボ押しがあります。お金もかかりませんし、重要な仕事前や大事なデート前など、いつでも簡単にできるので、覚えておくと便利です。
汗腺トレーニング
悪い汗、汗の臭いの原因として汗腺機能の衰えが挙げられます。汗腺トレーニングでこれが良い汗に帰る事ができるそうです。この汗腺トレーニングで汗かきも治すことができるのでしょうか・・・。
サプリ
汗かきの対処法としてできる事といえば、制汗剤やスプレーを使うことが一般的に知られていますが、内側から働きかけるサプリメントはないのかな?と思って調べてみました。
食べ物
食べ物によっても汗の量は変わります。辛いものを食べると汗が吹き出ますよね。では、汗かき予防ができる食べ物にはどんなものがあるでしょうか。
運動
汗かきの人が運動すれば、汗をかくのは当たり前ですよね。でも、汗をかかないために、運動を避けたいというのはちょっと違うかも。汗かきを改善するために、運動することは重要なんです。
病院
汗かきを治す方法として病院での治療という選択肢もあるようです。その際は何科で受診するのでしょうか?また、病院での治療方法とは・・・