大事な場面で汗をかきたくない!汗かき予防の3つのツボとは・・・

真夏は、汗かきの人にとっては、非常に憂鬱な時期ですよね? 特に女性は、化粧というものをします。ばっちりメイクできれいにしていても、、汗で崩れてしまったら、折角の機会が台無しになりかねません。

 

男性であっても、仕事で大事な商談の時や会議の時など、汗をかいているとあせっているようにも見えるので、汗をかかないにこしたことはないでしょう。そんな場合に一瞬で、汗を止める方法がないものか? 

 

そこでオススメなのが、ツボ押しによって汗を止める方法です。

 

 

「汗を止めるツボなんか、本当にあるの?」

 

と思う方もいるかも知れないので説明しておきますと、実際には、汗を止める専用のツボというのは、存在しません。ただ、ツボの中には、緊張を解いてリラックスさせたり、熱を下げたりする効果があるモノはあります。

 

その結果として、体がリラックスしたり、熱が下がったりして、汗が止まるという事になるのです。誰にでも効果があるという訳ではなく、個人差がありますが、今、汗を止めたいという瞬間にも出来ますから覚えて損はありません。

 

 

汗かきを治す3つのツボの名前と位置

 

労宮(ろうきゅう)

汗かきを治すツボとしては、手の平の中央にある労宮(ろうきゅう)というツボがあります。場所は、手を握った時に、中指の尖端が当たる部分です。

 

深呼吸しながら、5秒押して、5秒離すのを繰り返してみましょう。

 

合谷(ごうこく)

二番目のツボは合谷(ごうこく)と言います、親指と人差し指をL字型に広げた時の中央あたりにあります。

 

ここは体の水分量と熱を調節するツボなので、汗かきにも効果があります。それ以外にも、様々な効果が期待できるツボなので、普段から気が付いたら押してみるのもいいでしょう。

 

復溜(ふくゆ)

3番目には、復溜(ふくゆ)というツボがあります、こちらは足にあるツボになっています。ツボの位置の目安としては、内側のくるぶしから、指3本分ほど下の位置になります。

 

効果は合谷に似ていて、体内の水分量を調節して、熱を下げてくれると言われています。

 

 

いかがでしょうか? いずれのツボも、探しやすいので、一度、探す事が出来れば、重宝すると思います。

 

関連ページ

汗腺トレーニング
悪い汗、汗の臭いの原因として汗腺機能の衰えが挙げられます。汗腺トレーニングでこれが良い汗に帰る事ができるそうです。この汗腺トレーニングで汗かきも治すことができるのでしょうか・・・。
サプリ
汗かきの対処法としてできる事といえば、制汗剤やスプレーを使うことが一般的に知られていますが、内側から働きかけるサプリメントはないのかな?と思って調べてみました。
食べ物
食べ物によっても汗の量は変わります。辛いものを食べると汗が吹き出ますよね。では、汗かき予防ができる食べ物にはどんなものがあるでしょうか。
運動
汗かきの人が運動すれば、汗をかくのは当たり前ですよね。でも、汗をかかないために、運動を避けたいというのはちょっと違うかも。汗かきを改善するために、運動することは重要なんです。
汗かきの治療法の中には薬によって汗を抑えるという方法もあります。汗かきを改善する為にどんな薬が使われているのでしょう。
病院
汗かきを治す方法として病院での治療という選択肢もあるようです。その際は何科で受診するのでしょうか?また、病院での治療方法とは・・・