首汗がひどい!首からダラダラと流れる汗を止めるには?

見えないようで気になるのが、首の汗です。頭から流れる汗が首をつたうと、周囲の視線も気になりますし、何ともいえない不快感もあります。

 

男性はともかく、女性で首汗がひどいと、それが切実な問題になりやすいですね。男性は清潔感のある女性に心惹かれる部分がありますから、首の汗もできれば避けたいです。

 

首汗をかきやすい原因としては、血行不良運動不足体温調節の機能低下などがあげられます。また、自律神経が乱れて、汗機能をつかさどる交感神経がうまく働かない事で、大量に汗をかくという場合もあるようです。

 

 

これらの原因を解消するには、規則正しい生活や適度な運動、バランスの良い食事など、生活習慣を見直すという事が必要になってきます。

 

生活を急に変えるのが難しいという方は、汗ケアのサプリなども利用しながら徐々に生活リズムを正していくことをおすすめします。

 

首の汗を撃退!「アセッパー」の詳細はこちら!

 

 

首の汗を止める?!舞妓さんに学んだ半側発汗

舞妓さんはどうして汗をかかない?

首汗がとまらない!とお悩みのあなたに、2016年7月に、テレビ番組「この差って何ですか?」でも紹介されていた首汗対策をご紹介します。

 

皆様、舞妓さんをご存じですか? 実は、京都は盆地で冬は寒く、夏は蒸し暑い地域です。そこで活動している舞妓さんは、ハッキリ分かる位に白塗りの化粧をしていますよね?

 

どうして舞妓さんのあの白粉は、真夏でも落ちたりしないのでしょうか。そこは根性で?いえいえ、ちゃんと理由があるのです。それが、半側発汗という方法です。

 

 

半側発汗とは、上半身を圧迫すると下半身に汗が行き、下半身を圧迫すると上半身に汗が行くという体のメカニズムです。舞妓さんは、この方法を知っていて、体の上半身(乳頭あたりから5cmから10cm上部) をきつく締めて圧迫し、汗を下半身に集中させて白粉が汗で落ちないようにしているのです

 

このメカニズムから考えられたのが、「汗止め帯」という商品です。

 

 

汗止め帯を購入するには?

 

番組で紹介されたということで一気に話題になり、9月現在どの店でも在庫切れです。ネットショップでは順次発送ということでですが、入荷は12月や1月の予定。12月にはもう汗の悩みなんて忘れてそうですが…

 

締めることができればいいので、手作りでも代用できそうな気もします。

 

具体的な場所は、体でへそよりも上の部分を普段よりもきつめに締めつけるという感じで行えます。この半側発汗を利用すれば、少しは首の汗かき予防になると思いますよ。

 

 

 

とにかく首汗をなんとかしたい!」という方は、体の内側から汗対策する「アセッパー」という多汗症サプリもおすすめです。

 

使用した人の満足度も高いサプリという事で、汗かきで悩む管理人も実際購入して試した商品の一つでもあります。詳細は下記のレビュー記事にて。

 

 

特に、真夏はイベント事も沢山あり、出会いも多ければ、デートにも最適な時期なのに、首汗が気になって積極的になれないなんてガッカリ。首汗の悩みなんて解消して、暑い夏もエンジョイしましょう!

関連ページ

頭の汗かき
頭だけ汗っかきということはないですか?頭の汗かきの原因として考えられることとは。また改善するためにはどうすればいいでしょうか。
額の汗かき
額は見える人から見える部分なので、汗かきがばれちゃいますね。前髪で隠していても濡れたり湿ったりします。この額の汗かきは治す事ができるのでしょうか。
顔の汗かき
顔は一番人の目につくところであり、大量に汗をかいてしまう汗かきさんにとって、一番汗を抑えたい部分ではないでしょうか。顔の汗を解消するにはどうすればいいのでしょう。
脇の汗かき
脇汗は、服を着ていても汗ジミになりやすく、意外に目立つ場所です。しかもにおいも気になる場所なので、できれば脇の汗かきは解消したいです。脇汗を抑えるにはどんな方法があるでしょうか。
手の汗かき
人に見えないと言っても、手汗がひどいことで仕事に支障をきたしたり、手をつなぎたくてもつなげないなんて悩みもありますよね。手の汗かきは手術でしか治せないのでしょうか。
背中の汗かき
背中に汗をかくと、服がはりついて、汗をかいているのがはっきり見て分かるので、できれば背中の汗は防ぎたいものです。汗かきで背中の汗がひどいという場合の改善方法とは?